« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月24日 (日)

しまなみカップ

417()しまなみカップに参加させて頂きましたhappy01
1日目の予選には参加できず2日目とりあえず3部からの出場です。

出発時にはあいにくの雨rain風も吹き心配していた高速道路が一部通行止めcoldsweats02
 三島川之江からいよ西条間が通行止めで下道を通ってやきもきしながら時間ぎりぎりの 到着でした。

試合会場到着後メンバー一人一人に今日の試合への課題・目標を書いてもらいましたsign03
 (背番号順)
1 声を出してサーブを3本以上入れるsign01
2 誰かがミスしたら声をかけてチームを盛り上げるup
3 誰よりも声を出してチームを明るくするshine
4 サーブを確実に入れること。サーブカットやスパイクレシーブをとること。小さい声にならないように、がんばるpunch
5 サーブを確実に入れる。レシーブをきちんとセッターにかえす。失敗しても落ち込まない。みんなが笑顔で帰れるようにhappy02
6 サーブで得点がとれるようにしたい。サーブカットやスパイクレシーブもきちんとセッターに返し、アタッカーがスパイクを打てるようにしたいscissors
7 サーブを2本以上決めること。相手が取れないスパイクを打つpunch
8 サーブを確実に10本以上入れる。アタッカーが気持ちよく打てるようなトスを上げる。チームが盛り上がるように声を出すup
9 大きな声を出して盛り上げたい。サーブを確実に入れるpunch
さあこの課題・目標どれだけ出来るかお楽しみsign02

1試合 1セット目
スターティングメンバー 1-2-3-4-7-8
五日市少女バレーボールクラブ19-21綾歌JVC
いつものレギュラーメンバーで試合開始
相手のミスも多く中盤6点リード。なかなかいい出だしshineだったが少しずつミスが目立ち終わってみれば2点差まで詰め寄られるdespair
ふぅdashとりあえず勝ったので良しとしようcoldsweats01
とにかくサーブミスが多かったannoy

Dsc_0060_convert_20160424154906


1
試合 2セット目
スターティングメンバー 1-2-5-6-7-8
 五日市少女バレーボールクラブ21-17綾歌JVC
レシーバーが入れ替わっての2セット目
序盤でサーブカットが悪く同じところを狙われるbearingベテランメンバーのサービスエース等で立て直すが追いつかず2セット目を落とす。悪いところが出てしまったdown

Dsc_0090_convert_20160424154933_2


Dsc_0027_convert_20160424154824


1
試合 3セット目
スターティングメンバー 1-2-3-4-7-8
五日市少女バレーボールクラブ11-5綾歌JVC
さあもう落とせないセット!1セット目の流れを取り戻せsign03
このセットサーブ、レシーブ、トス、スパイクすべてにミスが続き相手セッターに何度もツーで置かれる攻撃に対応できず撃沈downdown
泣きながら控え場所までもどるcryingしかし休む間もなく2試合目の案内。
気持ちを切り替えてがんばれpunchpunch

2試合 1セット目
スターティングメンバー 1-2-3-4-7-8ピンチサーバー9
菊間クラブJr16-21綾歌JVC
1試合目の悔しさから短い休憩時間の間に気持ちを立て直したup
繋がるバレーでラリーにもっていければ得点になりだす。
                            
2試合 2セット目
スターティングメンバー 1-2-3-5-7-8
菊間クラブJr21-20綾歌JVC
練習で何回かやりだした、新しいフォーメーションで2セット目開始
1セット目に比べミスも目立つが必死で食い下がる。終盤20-20同点punch
21点先取でジュースなし。大事なサーブ。またまたサーブミスにて3セット目突入sad

2試合 3セット目
スターティングメンバー 1-2-3-5-7-8
菊間クラブJr7-11綾歌JVC
2セット目と同じメンバー
気持ちを切り替えられたのかミスも減りボールも繋がり最後はエースが決めて勝利scissors

今回の試合でもちろん悪いところもあったし、いいところも沢山ありましたsign01
前年度もあったと思うサーブ順のミスsweat01今回もやってしまった。負けはしたもののそこから悪い流れにならず耐えて接戦になったこと。相手からの攻撃がレシーブで少しずつ上がりだしたことup
その中でもベテランメンバーのサーブの良さが光ったshineshine負けてしまいそうな流れをいい所で引き戻してくれる。頼りになるな〜happy01
これからもいろいろな試合経験等を積んでもっともっと成長してほしい
今日課題であげていた声ですが残念なのが試合中のメンバーの声や控え選手の応援の声が小さかったことannoy
相変わらず保護者からの声援はベリーグッドheart01heart01
それでも子供達一人一人がやらなければいけないことの一生懸命さが伝わってきたそんな1日でした。少しずつ良いかたちになってきたと思いましたscissors

がんばれ綾歌JVCのメンバーsign03

今回のブログはYが担当しましたsmile

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »